毛包 移植

自分の毛包を移植する

AGA治療のひとつである自毛植毛の最大のデメリットはなんでしょか。

 

植毛してからすぐにフサフサになるわけではないことです。

 

一時的に抜けたりします。

 

これは自分の髪の毛を作る毛包を移植するので
実際に髪の毛を植えることではないためです。
一時的に脱毛するのは移植した毛が
ヘアサイクルの休止期間にはいっているためです。

 

毛包は生きています。

 

しかも毛包の中にある毛母細胞や毛乳頭は、
しっかりと保存しておけば翌日でも生きているほど生命力が強いのです。
しっかりと毛包を定着させるまでに時間がかかります。

 

植毛専門クリニックを選ぶ上でひとつの基準となるのが
手包の定着率です。それには手包を傷つけない高度な技術が必要です。
定着率が95%がひとつの成功する目安になっています。

 

しっかりと毛包が生きて付着していれば
皮膚のなかで次の髪の毛を作る準備をしています。

 

通常、髪の毛が生えそろうまで半年は時間がかかるのです。

 

なぜ、後頭部と側頭部の毛を移植するのでしょうか。
それは後頭部や即頭部の髪の毛はもともとの毛根の性質を維持してくれるからです。
つまり生え際や頭頂部に移植してもまた生えてくるというわけです。

 

実際の手術中の経過をみてみましょう。

 

どういった作業をしているのか、イメージは以下の通りです。

 

まず、後頭部から頭皮のブロックを採取します。
切り取った頭皮のブロック跡は両端を丁寧に縫い合わせます。
ここには傷跡が多少残りますが、
よほどの短髪にしない限りわかりません。

 

採取した頭皮のブロックを手包単位に細かくわけます。
これは生きたまま手包をわける作業なので慎重にかつ敏速に行われます。

 

この頭皮ブロックを生え際や頭頂部にホールと呼ばれる穴を開けて
数本単位のブロックを植え込んでいきます。

 

このほかにもメスを使わないダイレクト法という
患者の負担の少ない手術方法もあります。
頭部に傷跡を残さない方法です。

 

半年後の明るい未来を想像して楽しみに手包を定着させましょう!

技術評判の高い<自毛植毛クリニック>はこちら

NEW!! 親和クリニック新宿 ルネッサンスクリニック 紀尾井町クリニック

95%の生着率!!3,000例の豊富な手術経験!1日で手術が終わる。クレジットカード払い、メディカルローンも対応可能。写真モニターで割引もあります。
親和クリニック新宿・詳細

メール相談で画像を送ろう!気になる部分の画像を送信すれば、先生が相談にくれます!ゼロ金利ローンもあります。
ルネッサンスクリニック・詳細はこちら

顕微鏡レベルの最新技術!脳神経外科医で培った顕微鏡下での細かい手術があります。経過写真も多数公開中!
紀尾井町クリニック・詳細はこちら