女性 薄毛

女性の薄毛の種類

女性の薄毛でよく見られるパターンとして
頭頂部のつむじからだんだん薄毛が広まっていくパターンです。
▼女性のもっとも多い薄毛の進み方▼

 

これはホルモンバランスが崩れることから起こることが多く
女性ホルモンが急激に少なくなったり心身のおおきな変動で起こることもあります。

 

特に40代、50代になると前髪が細くなり
頼りなさが目立ってくる女性もすくなくありません。

 

病院による女性の薄毛の治療法としては
ミノキシジルという薬に
その人に合ったビタミンやミネラルをプラスして処方することが多いようです。

 

ただし、ミノキシジルは頭頂部の毛は増えても、
全身のムダ毛が増えるという副作用がでる場合もあります。 

 

他にも女性の抜け毛には多くの種類があります
いずれにせよ頭皮全体が均等に脱毛していくのが特徴です。

 

▼びまん性脱毛症
女性の薄毛でもっとも多いのがこれです。
男性のように生え際が薄くなるのではなく
頭全体が薄くなり脱毛している部分の境界線がはっきりとしません。
老化やストレス、過度なダイエット、間違ったヘアケアなど原因はさまざまです。

 

▼分娩後脱毛症
若い女性でも妊娠中に女性ホルモンのバランスがくずれて
抜け毛が増えることもあります。
出産後1年程度でもとの髪量に戻ることが一般的です。
これは出産後のホルモンバランスが変化して成長期を維持してきた
毛髪が、一斉に休止期に入ってしまう為です。

 

▼円形脱毛症
一種の自己免疫疾患です。ストレスと深い関係があるといわれていますが、
化学的な原因はわかっていません。自分の毛根を外部の敵と勘違いしてしまい
リンパ球が毛根を攻撃してしまうことにより発生します。

 

▼牽引性脱毛症
長い間、髪の毛をきつく縛ってしまうことで
頭皮に負荷がかかり脱毛してしまうことがあります。
部分的に抜けるのが特徴ですが、ポニーテール脱毛ともいわれています。

 

▼脂漏性脱毛症
皮脂が多く分泌されることによろ頭皮に炎症が起こって抜け毛となります。
正しいシャンプーを使っていなかったり、食生活を見直したりすることにより
改善されます。皮膚炎と診断されれば健康保険もおります。

 

▼ひこう性脱毛症
過度なフケにより毛穴がふさがれて脱毛します。
毛が成長できなくなり、
炎症などが起こった後にひこう性脱毛症が起こります。
原因はシャンプーのしすぎることにより
皮脂を根こそぎとってしまったことが主な原因の可能性が高いです。

 

 

特に頭頂部に発毛効果があるのが
ミノキシジルという薬です。

 

SBC毛髪再生医療センター

>>女性も受けれる自毛植毛【SBC毛髪再生医療センター】詳細はコチラ ←クリック!
(公式サイトURL:http://www.shokumou.info/)


技術評判の高い<自毛植毛クリニック>はこちら

NEW!! 親和クリニック新宿 ルネッサンスクリニック 紀尾井町クリニック

95%の生着率!!3,000例の豊富な手術経験!1日で手術が終わる。クレジットカード払い、メディカルローンも対応可能。写真モニターで割引もあります。
親和クリニック新宿・詳細

メール相談で画像を送ろう!気になる部分の画像を送信すれば、先生が相談にくれます!ゼロ金利ローンもあります。
ルネッサンスクリニック・詳細はこちら

顕微鏡レベルの最新技術!脳神経外科医で培った顕微鏡下での細かい手術があります。経過写真も多数公開中!
紀尾井町クリニック・詳細はこちら